So-net無料ブログ作成
検索選択

終末のフール 伊坂 幸太郎 [国内小説]

「8年後に小惑星が衝突し、地球が消滅する」と予告された5年後の話。

この本は8つの話からなる短編集です。

あと3年で地球が滅亡するといった背景があるから、どの話もちょっとした日常といった感じなのにどこか物悲しい。

あと8年しかない自分の人生。私だったらどう過ごすのかな?

地球が消滅するといわれた日は、「まさか~」と笑ってすごし、いざそれが現実のものだと分かったらどうにかして回避できないものかとおろおろとするんだろうな。

周りにあふれかえる都合のいい話に飛びつき、食料を買いあさり、一歩も外に出ないでじぃっとすごすのだろうな。

2人の子どものことを思うと悲しくて泣いてるのだろうと思う。

そして最後はこの本のように平穏な状態で毎日を過ごすのだと思う。


「地球の消滅」というSFな設定にもかかわらず、妙に感情移入できるのは登場人物がみんなどこにでもいそうな普通の人たちだからかもしれないなぁと思う。

そしてどの話も絶望的な終わり方ではなく、少しだけ明日への希望が見える。

素敵な話だった。





終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。